Apple社 iPhone5c 発売 - News

2013年9月16日 Step Design Inc

米アップルがカメラメーカーをしのぐ勢いで技術力を進化させている。

iPhone5c.png

9月20日発売の新型スマートフォン(スマホ)「iPhone5s」では「小さいのに高画質」を追求。カメラメーカーが長年苦心してきた難題を短期間にクリアし、薄型軽量なスマホの中にコンパクトデジタルカメラ(デジカメ)に並ぶ機能や性能を組み入れた。中にはカメラメーカーに先んじて実用化した技術すらあり、カメラの"本家"を仰天させている。

また、iPhone 5sに搭載されている新プロセッサ『A7』は韓国Samsung Electronics製であると半導体チップや電子機器の解析を手掛ける米Chipworksが発売当日に5sを入手し、分解・解析した結果としてこう報告した。
同社によると、A7はSamsungの28ナノメートルHKMG(High-K Metal Gate:高誘電率膜・金属ゲート)プロセスで製造されているという。iPhone 5の「A6」はSamsungの32ナノメートルHKMGプロセス製だった。
A7については、Appleがスマートフォン市場で競合するSamsungを切り、台湾TSMCに製造を委託すると噂されていた。

A7_Chip.png
この他、ユーザーの動きを追跡するコプロセッサ『M7』はオランダNXP Semiconductors製(M7上の3軸加速度計は独Bosch Sensortec製、3軸ジャイロスコープはスイスSTMicroelectronics製、電子コンパスは旭化成製)、iSightカメラのモジュールはソニー製、タッチスクリーンコントローラーは米Broadcom製、LTEモデムは米Qualcomm製であることなどが分かった。

 

IoT・AI 導入診断

 導入に向けての課題

 ◆既存設備を活かしたい

 ◆古いOSを更新できない

 ◆セキュリティ面が心配

 ◆機器故障リスクの軽減

 ◆費用対効果の高い成果

 制御パソコンのクローン化

 生産とデータを物理層分離

まずは相談してみる

主なテーマ
News